自分の歯を保つために~予防歯科~

痛くなくても歯医者に通う習慣をつけましょう

痛くなくても歯医者に通う習慣をつけましょう

「歯科医院は歯が痛くなってから行くところ」と思っていませんか? 確かにこれまでは歯科医院は「治療」をするところだと考えられていました。しかしお口の2大トラブルの虫歯歯周病は予防ができる病気です。「治療」をするということは病気が発症してしまってからの対処療法ですが、未然に防げれば本当の意味でお口の健康を守ることができます。

痛くなくても歯医者に通う習慣をつけましょう

そのためおすすめなのが毎日のセルフケアと歯科医院での定期検診の受診です。「痛くなる前に」そして「痛くならないように」歯科医院に通うことが歯の寿命を延ばすことにつながります。予防歯科のことは南柏・増尾の歯医者「さかいね歯科クリニック」にお気軽にご相談ください。

予防の意識が高まっています

予防の意識が高まっています

厚生労働省では、歯科保健の情報把握とこれからの歯科医療対策を推進するための基礎資料を得るために「歯科疾患実態調査」を行っています。厚生労働省は1989年から「8020運動(ハチマルニイマル運動)」を推進しています。それは「80歳になっても20本以上、自分の歯を残しましょう!」という運動です。「歯科疾患実態調査」によると「8020」を達成している方が、平成23年の調査結果では40.2%でしたが、それが平成28年の調査では51.2%にまで増加しているという結果が出ました。日本でも予防意識が高まっている証拠だといえるでしょう。

予防メンテナンスは歯科衛生士が行います

予防メンテナンスは歯科衛生士が行います

歯科衛生士は口腔ケアのプロフェッショナル。定期検診では、おもに歯科衛生士が歯や歯ぐきのチェックやPMTCなどの歯のクリーニングを行います。毎日のセルフケアでは落としきれない歯垢(プラーク)や歯石を除去するので、虫歯や歯周病の予防につながります。

予防メンテナンスは歯科衛生士が行います

また、定期検診を受けていれば、もしすでに病気を発症していたとしても自覚症状が現れる前のごく初期段階なので、比較的かんたんな治療で済みます。早期発見・早期治療につながるので、歯の健康を保つことができるのです。エアフローを活用した歯面の汚れや着色の除去にも対応していますのでご相談ください。

当院の予防ケアメニュー

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

専用器具を使用した歯のクリーニングのことです。毎日のセルフケアでは落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝の汚れ、歯垢やバイオフィルムを徹底的に落とします。仕上げに歯をツルツルと滑らかにみがくので汚れの再付着を防ぎます。

歯周ポケットクリーニング

歯周ポケットクリーニング

歯周ポケットの中は汚れがたまりやすい部位です。歯周ポケットの状態をチェックし、歯垢や歯石をかき出し除去します。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯の再石灰化を促し、歯質を強化するはたらきが期待できるフッ素を歯面に塗布します。細菌の活性化を抑えるはたらきもあるので、定期的なフッ素塗布が虫歯予防に有効です。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯の生え方や状態は一人ひとり異なります。またみがきグセもあるので、汚れが残りやすい部位が生じることがあります。ブラッシング指導では一人ひとりに合わせた汚れの落とし方をアドバイスします。

ご家庭でできるケア方法

ブラッシング

毎日のセルフケアの基本はブラッシングです。歯ブラシの当て方や動かし方は大きく2種類あります。それが「スクラッピング法」と「バス法」です。

スクラッピング法 バス法
スクラッピング法 バス法
歯の表面に直角に歯ブラシを当てます。力をかけ過ぎないように気をつけて、小刻みに動かして歯面の汚れを落としましょう。 歯と歯ぐきの境目をみがくときは、歯ブラシを45度の角度で当てて、汚れを落とします。やさしく小刻みに動かしましょう。
デンタルフロス

デンタルフロス

デンタルフロスを両手の人差し指に巻きつけて、歯と歯の間に通して挟まっている食べカスや歯面の歯垢を除去します。ホルダーがついているタイプもあるので、使いやすいほうをお選びください。

歯間ブラシ

歯間ブラシ

歯間ブラシにはさまざまな太さがあります。歯と歯の間のすき間に合わせて、太さを選び使用してください。使用する部位によってI字型とL字型を使い分けることをおすすめします。

  • 虫歯や歯周病は予防可能です
  • 千葉県柏市の「さかいね歯科クリニック」にご相談ください
  • 定期検診でお口の健康を守ります

TEL:04-7197-5888