虫歯でお悩みなら~一般歯科~

なるべく痛みを抑えた治療をご提供します

なるべく痛みを抑えた治療をご提供します

歯医者が苦手……という方は、治療について痛い、怖いといったイメージが強いのではないでしょうか? 「歯を削る」「抜歯する」など確かに痛そうです。大人の方なら実際に以前、痛い治療を受けたことがあるのかもしれません。しかし医療技術の進歩により痛みはかなり抑えることができるようになってきています。

痛みの感覚は人それぞれですので、「まったく痛みのない無痛治療」とは言い切れませんが、南柏・増尾の歯医者「さかいね歯科クリニック」では麻酔に工夫をしてできるだけ痛みを抑えた治療で、少しでも患者さんに安心をご提供したいと思っています。

痛みを抑えるコツ

痛みを抑えるコツ

治療中の痛みを感じないようにするため、麻酔注射をします。しかし「注射」と聞いただけで躊躇(ちゅうちょ)してしまう方もたくさんいらっしゃるでしょう。そんな方も安心して治療を受けていただけるように麻酔注射にさまざまな工夫をしています。

まず表面麻酔を塗布します

まず表面麻酔を塗布します

注射針を刺す部分(歯ぐき)に、まず表面麻酔を塗ります。塗るタイプなのでまったく痛みはありません。歯肉の表面の感覚が鈍くなりますので、注射針を刺すときの「チクッ」とする痛みをほとんど感じなくなります。

麻酔液注入のスピードに留意します

麻酔液注入のスピードに留意します

注射で麻酔液を注入する際に、強い力をかけてしまうと歯肉の組織に圧力がかかり痛みを感じてしまうことがあります。これが「圧痛」です。当院では一定の圧力で麻酔液を注入し、「圧痛」を感じないようにしています。

細い針の使用します

まず表面麻酔を塗布します

太い注射針より細い注射針のほうが痛みを抑えられます。当院では、できるだけ細い歯科用の極細針を使用して注射の痛みを和らげるようにしています。

歯を無駄に削りません

歯を無駄に削りません

ある程度進行してしまった虫歯は、残念ながら患部を削り取らないとどんどん進行していきます。しかし削ってしまうとその歯は二度と元には戻りません。虫歯にかかっているかどうかは視診だけでは分からない場合がありますので、そんなときでも歯を無駄に削らないように、当院ではまずダイアグノデント(虫歯検出装置)で虫歯治療が必要かどうかを判断しています。

ダイアグノデントはレーザーを歯面に当てるだけで、虫歯を検知して数値化します。レーザー光を当てるだけなので痛みもなく、歯質を削る前に診断できる機器です。患者さんの負担を少しでも減らす治療を行うため、導入しています。

虫歯を放置するデメリット

虫歯は、ごく初期の「脱灰(だっかい)」の段階を過ぎると自然治癒しません。治療しないとどんどん進行していきます。そのため虫歯を放置するとさまざまなリスクが増していくのです。

  • 虫歯の進行にともない健康な歯質がどんどん溶かされていきます
  • 歯の神経にまで汚染が進んでしまうと、激しい痛みに悩まされます
  • さらに進行してしまうと歯の神経が死んでしまうので、痛みはいったん治まりますが、歯の根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます
  • 虫歯を悪化させてしまうと、治療が複雑になり、通院回数が増え、治療費も増大します
  • 歯を失ってしまうことにもつながるので、口腔内だけでなく、身体のバランスがくずれやすく健康に悪影響を与えることがあります

痛みを感じたらすでに進行しています

痛みを感じたらすでに進行しています

いつのまにかかかっている虫歯。あなたはそのメカニズムをご存じでしょうか? 歯垢(プラーク)の中に含まれる虫歯の原因菌が糖分を分解して「酸」を出し、その「酸」が歯を溶かしていくのが虫歯です。歯の表面のエナメル質は硬いので、進行が遅く、自覚症状もなかなか現れません。しかしさらに進行すると「冷たい物がしみる」「歯が痛む」などの虫歯特有の症状が現れるようになります。つまり自覚症状に気づいたときには、すでに虫歯がある程度進行してしまっているのです。

痛みを感じたらすでに進行しています

放っておくとどんどん進行し、エナメル質の内側の象牙質を経て、その奥の歯の神経にまで汚染が進みます。初期段階では治療は比較的かんたんですが、悪化させればさせるほど、治療が複雑になり時間もかかるようになります。少しでのお口に違和感を覚えたら、できるだけ早く南柏・増尾の歯医者「さかいね歯科クリニック」にご相談ください。

  • 「歯がしみる・痛む」は虫歯のサインです
  • 千葉県柏市の「さかいね歯科クリニック」
    に ご相談ください
  • できるだけ痛みを抑えた治療を行います

TEL:04-7197-5888