骨が溶けて歯が抜けます~歯周病~

虫歯よりも歯が抜けるリスクが高い病気です

虫歯よりも歯が抜けるリスクが高い病気です

歯を失う原因はさまざまで、虫歯や歯周病、そしてケガによる破折などがあります。1番の原因は虫歯だと思われがちですが、実は日本の成人が歯を失う原因の第1位は歯周病です。

虫歯よりも歯が抜けるリスクが高い病気です

歯周病はごく初期の段階は自覚症状がないので気づかないうちに進行していきます。また高齢者がかかる病気に思われがちですが、10代や20代の方にも初期症状が見られるほど蔓延している病気で、日本の成人の約8割が予備軍、またはすでに発症しているといわれています。

歯ぐきの腫れや歯ぐきからの出血は歯周病の可能性があります。お口の異変に気づいたらできるだけ早く南柏・増尾の歯医者「さかいね歯科クリニック」にご相談ください。

全身にも悪影響を与えます

全身にも悪影響を与えます

最悪の場合、歯が抜けてしまうことにもつながる歯周病は、噛み合わせのバランスをくずし、咀嚼(そしゃく)の機能が衰えるので、胃腸などの消化器官に大きな負担を与えるようになります。また栄養補給が不十分になりがちです。ほかにも全身の健康にも悪影響を与えることが分かってきています。

糖尿病 糖尿病と歯周病は密接につながっていることが分かってきました。糖尿病の患者さんの歯周病に罹患率が高いうえ、歯周病の悪化が糖尿病の症状の悪化にもつながります。
肺炎 歯周病が進んでいるうえ、抵抗力が弱くなり飲み込みの機能が低下していると、歯周病菌が気管に入ってしまい肺にも到達して炎症を起こす誤嚥(ごえん)性肺炎を引き起こしやすくなります。
心疾患 歯周病菌が血管内に入ってしまうと血栓を起こしやすいので、動脈硬化や心筋梗塞、狭心症などの重篤な疾患を引き起こすリスクを高めてしまいます。
早産・低体重児出産 妊娠中に歯周病を悪化させてしまうと、歯周病菌や発生する毒素の作用により子宮の筋肉が刺激を受けてしまい、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまいます。

もしかすると歯周病かもしれません

次のような症状が1つでもある方は歯周病が疑われます。とくに複数の症状がある方はすみやかに「さかいね歯科クリニック」にご相談ください。

  • 歯肉から出血している
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯がぐらつく
  • 歯がしみる
  • よく噛めない
  • 歯肉の色が悪い
  • 口臭が強い
  • 歯ぐきが下がって歯が長くなってきたように見える
  • 歯が浮いた感じがする
  • 歯によく物が挟まるようになってきた

歯周病になりやすい人の特徴

歯周病は生活習慣病の1つです。また感染症でもあるので、免疫力が低くなると発症や進行を起こしやすくなります。次のような生活習慣があると歯周病を悪化させやすいので注意しましょう。

喫煙習慣がある ストレスをためやすい あまり噛まない 間食が多い
タバコの煙に含まれる有害物質は歯ぐきの血流を妨げ、免疫力を低下させます 疲労が重なり、ストレスがたまっていると免疫力の低下につながります あまり噛まないと口腔内の自浄作用がある唾液の分泌量が減るので細菌が繁殖しやすくなります 口腔内に細菌が繁殖しやすい時間が長くなるので、歯垢がつきやすく虫歯や歯周病につながります

症状別の治療法

軽度歯周病 中等度歯周病 重度歯周病
軽度歯周病 中等度歯周病 重度歯周病
【症状】
歯ぐきに軽い炎症が見られます。ブラッシングの際に出血することがあります。 歯を支える顎の骨が少し溶かされた状態です。歯ぐきの炎症や変色が進み、歯がぐらつきだします 歯を支える顎の骨が大きく溶かされた状態で歯がぐらつき、口臭が強くなり、膿などが出ます。
【おもな治療法】
ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯垢を落とすことが予防と治療の基本です。お口の状態に合わせたブラッシング方法をアドバイスします。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

歯と歯ぐきの溝の歯周ポケットの内部に付着する歯石や歯垢を除去します。仕上げに歯面を滑らかにして汚れの付着を防ぎます。

GTR

GTR

麻酔後に歯肉を切開してから汚染組織を除去し、特殊な膜を用いて歯周組織の再生を促します。

スケーリング

スケーリング

セルフケアでは落としきれない歯石を、専用器具を用いて除去します。

フラップ手術

フラップ手術

歯肉に麻酔をしたあと、切開して歯根を露出させ歯石や歯垢を除去します。

エムドゲイン

エムドゲイン

麻酔後に歯肉を切開して汚染組織を取り除いたあと、エムドゲインゲルを注入してスペースを確保し、歯周組織の再生を促します。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  • 「歯ぐきが腫れる」「歯ぐきから出血する」は歯周病のサインです
  • 千葉県柏市の「さかいね歯科クリニック」にご相談ください
  • 悪化させる前の早めの治療が大切です

TEL:04-7197-5888