抜歯を避けたい方へ~根管治療~

永久歯は抜いたら終わりです。残せる方法をもう一度検討しましょう

永久歯は抜いたら終わりです。残せる方法をもう一度検討しましょう

歯の表面から少しずつ内部に進んでいく虫歯の汚染が歯の中の神経にまでおよんでしまうと、虫歯部分を削るだけでは治療ができなくなります。以前は痛みをすぐに抑えられる抜歯が選択されていましたが、永久歯はいったん抜いてしまうと元には戻せません。そして歯を1本でも失ってしまうと口腔内の噛み合わせのバランスがくずれやすく、お口全体の健康をおびやかすことにもつながってしまうのです。

南柏・増尾の歯医者「さかいね歯科クリニック」では重度の虫歯でも歯を残すための「根管治療(こんかんちりょう)」をご提供しています。抜歯してしまう前にご相談ください。

歯を根から治す根管治療

歯を根から治す根管治療

歯の神経にまで虫歯菌の汚染が達してしまった場合の治療を根管治療といいます。根管と呼ばれる細い管の中から、歯の神経や血管を除去し、汚染歯質も除去してから歯根内を洗浄・消毒して細菌が入り込まないようにすき間なく薬剤を詰める処置です。

歯を根から治す根管治療

根管治療の際には、その中から汚染された神経や歯質をすっかり除去しなければ再発のリスクを負います。根管は細いうえに複雑な形状をしていますので、虫歯の再発を防ぎ、再治療を避けるためには丁寧な精密治療が必要です。根管治療後は支台を立て、セラミックなどでつくられた補綴物を装着して歯の機能を補います。

根管治療から被せ物装着までの流れ
STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 STEP5
STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 STEP5
数回にわたり根管内の汚染組織を除去します 根管内の洗浄・消毒を行います 根管内にすき間なく薬剤を充填します 被せ物を装着するための土台をつくります 被せ物を装着します

※表は左右にスクロールして確認することができます。

当院で行う根管治療の特徴

MTAセメントをおすすめ

MTAセメントを使用

根管治療では根管内の汚染組織を取り除いたあと、すき間ができないように薬剤をふさぐ「根管充填」を行います。このときすき間を残してしまうと、再発・再治療のリスクが高まってしまいますので丁寧に処置しなければなりません。保険診療の根管充填で使用するは「ガッタパーチャ」ですが、当院でおすすめしているのが「MTAセメント」です。「ガッタパーチャ」はゴムのような素材ですので、細く複雑な根管内をすき間なく埋めるのはとても大変です。しかし「MTAセメント」は操作しやすいうえ、殺菌作用があり接着性が高く、さらに歯の組織の再生を促す効果があります。根管治療を成功させるためには封鎖性と適合性が高く、歯の再石灰化を促すMTAセメントがおすすめです。

バーティカル法を採用

根管充填の方法には2種類あります。それは側方から加圧して充填する「側方加圧充填(ラテラル)と垂直に押し込んでいく「垂直加圧充填(バーティカル)」です。

垂直加圧充填 側方加圧充填
垂直加圧充填 側方加圧充填
歯根の先端まで薬剤を垂直に押し込んでいく充填方法です。すき間なく充填しやすいので再感染を起こしにくくなります。 根管の長さを測定し、その長さに合わせて薬剤を入れて専用器具で横向きに圧接する充填方法です。充填が比較的かんたんです。

「さかいね歯科クリニック」では、垂直加圧充填を採用しています。この方法は高い技術と豊富な経験がないと難しい治療ですが、再発防止につながる方法です。

残念ながら抜歯となるケース

残念ながら抜歯となるケース

永久歯は抜いてしまったら二度と生えてきません。ですから歯はできるだけ削らず、できるだけ抜歯せず、できるだけ残すのが基本です。しかしそれでも抜歯が選択される場合があります。それは重度の虫歯で根管治療を行っても歯根を残せない場合や、歯根の先に膿がたまる根尖病巣が起こってしまい激しく痛む場合です。

残念ながら抜歯となるケース

ほかにも、歯の残しておくことでまわりの歯や歯列に悪影響をおよぼす場合も抜歯が選択されます。具体的には重度の歯周病にかかっている歯、破折している歯、不正な噛み合わせの歯、そして痛んだり歯列を乱したりする親しらずです。

残念ながら抜歯となるケース

抜歯を行ったあとは、となりの歯を削って支台にして連結した歯を装着する「ブリッジ治療」や、取り外し可能な「入れ歯治療」または人工歯根を埋め込む「インプラント治療」を行って歯の機能を補います。患者さんに合った治療法をご提案しますので、ご相談ください。

  • 虫歯を悪化させてしまっても諦めないで
  • 千葉県柏市の「さかいね歯科クリニック」
    にご相談ください
  • できるだけ歯を残す治療をご提供します

TEL:04-7197-5888