子どもの歯を守りましょう~小児歯科~

乳歯は永久歯より弱いことをご存じですか?

乳歯は永久歯より弱いことをご存じですか?

子どもの歯(乳歯)は、大人の歯(永久歯)より表面のエナメル質が薄いうえ、歯の再石灰化の作用がはたらきにくいので虫歯を発症しやすい、進行しやすいといった特徴があるのをご存じでしょうか? 虫歯の痛みを大切なお子さんに味あわせたくありませんよね。そのためは「予防」がおすすめです。

乳歯は永久歯より弱いことをご存じですか?

子どもは自分ひとりでは口腔ケアはできませんので、親御さんがしっかり歯の健康を守らなければなりません。南柏・増尾の歯医者「さかいね歯科クリニック」では小児歯科に力を入れて親御さんをサポートしています。

当院の小児歯科の特徴

当院の小児歯科の特徴

初めて行く場所や知らない人がいる環境に連れて行くと、不安になってしまうお子さんがいらっしゃいます。もし、初めての歯科医院に悪い印象を持ってしまうと「歯医者嫌い」になり、これから先の通院が難しくなってしまいますので、当院ではお子さんの気持ちを大切にしながら診療を行っています。

いきなり治療をせずにまずはコミュニケーションを取ります

いきなり治療をせずにまずはコミュニケーションを取ります

初めて診療のためにご来院のお子さんには、まず診療トレーニングから始めます。歯科医院や診療ユニットに慣れていただけるように、座っていただき、お口の中を鏡で見てもらったり、お口を開けていただき空気をかけたりするのです。スタッフともお話しして、まずはコミュニケーションを取ることから開始して、徐々に信頼関係を築いていきます。

治療後にはごほうびがあります

治療後にはごほうびがあります

治療後に楽しい気分になっていただけるように、ちょっとしたごほうびをプレゼントします。ご家庭でも診療を受けたことをほめてあげてください。「がんばったね」「また行こうね」とご家族みなさんでお声をかけてあげてください。

歯を守るための処置

ブラッシング指導

ブラッシング指導

成長段階やお口の状態は一人ひとり異なりますので、お子さんに合わせたブラッシング方法をアドバイスします。親御さんの仕上げみがきのコツもお伝えしますので、毎晩の就寝前に、しっかり汚れを落としてあげてください。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強化したり歯の再石灰化を促したり細菌の活性化を抑えたりするはたらきを期待できるフッ素を歯面に塗布します。定期的なフッ素塗布が乳歯や永久歯の虫歯予防に有効です

シーラント

シーラント

乳歯の奥歯や6歳臼歯と呼ばれる奥歯の永久歯の噛み合わせ面にある複雑な溝は、汚れがたまりやすく、虫歯になりやすい部位です。そこをあらかじめレジン(歯科用プラスチック)でふさいで虫歯を防ぎます。

ご家庭での仕上げみがきが大切です

ご家庭での仕上げみがきが大切です

ある程度成長するまで、子どもは自分だけでは歯のケアができません。毎日のケアでお子さんのお口の健康を守ってあげられるのは親御さんしかいないのです。歯が生えはじめたときから虫歯にかかってしまうリスクが生じますので、親御さんがしっかりケアしてあげてください。

親御さんの仕上げみがきについて
赤ちゃんのとき

濡れたガーゼなどで歯や歯ぐきをやさしく拭ってあげましょう

歯ブラシが持てるようになったら

ブラッシングを習慣にしましょう。ブラッシングのマネだけでも構いません。そのあとで親御さんがしっかり仕上げみがきをしてあげてください。

永久歯が生えそろうころ

お子さんだけでもブラッシングができるようになっているはずです。ときどきチェックをしてあげてください。

仕上げみがきのコツ
  • 歯ブラシは軽い力で歯に当てましょう
  • 歯ブラシの毛先は歯面に垂直に当ててください
  • 1~2mm程度動かし、小刻みに丁寧にみがきましょう
  • 1本の歯で、20回以上動かして、食べかすや歯垢を落としましょう
  • 就寝中は唾液の分泌量が減り虫歯になりやすい時間帯ですので、仕上げみがきは就寝前に行ってください
  • 乳歯は虫歯になりやすい歯です
  • 千葉県柏市の「さかいね歯科クリニック」
    にご相談ください
  • お子さんのお口の健康を守るサポートをします

TEL:04-7197-5888