親しらずなどのトラブル~口腔外科~

口腔外科での治療の代表は親しらずの抜歯です

口腔外科での治療の代表は親しらずの抜歯です

口腔外科とはお口まわりの外科処置を行う診療メニューです。身近な治療は親しらずの抜歯です。ほかにも口内炎の治療や歯の破折などにも対応します。難症例の場合には、大学病院をご紹介します。専門的な治療は治療器具や設備が整っていて経験が豊富な医療機関のほうが患者さんにとって身体の負担が少ないからです。お口まわりに気になることがありましたら、まずはお気軽に南柏・増尾の歯医者「さかいね歯科クリニック」にご相談ください。

抜歯をする場合としない場合

抜歯をする場合としない場合

親しらずは必ず抜歯するとはかぎりません。痛みがなく、まわりの歯や噛み合わせに悪影響を与えない場合にはそのままにしておきます。ただ、歯ぐきに埋まったままで水平にほかの歯を押している場合もありますので、抜歯が必要かどうかは歯科医院で診断する必要があります。

抜歯するケース そのまま残すケース
  • 痛みや腫れがあるとき
  • すでに虫歯にかかっている場合や虫歯になるリスクが高い場合
  • 噛み合わせに悪影響を与えている、または与えそうな場合
  • 腫れや痛みがないとき
  • まわりの歯列に悪影響を与えていないとき
  • 奥歯として機能しているとき
  • 将来的に歯牙移植などに使えそうな場合
歯科用CTで抜歯の判断をします

歯科用CTで抜歯の判断をします

親しらずがまっすぐに生えている場合にはほとんどリスクはありませんが、斜めに生えていたり、埋まったままだったりする場合、抜歯の際に血管や神経を傷つける危険性があります。抜歯の安全性を高めるためには、まず治療計画を立てることが大切です。その際に使用するのが歯科用CTです。顎の骨の状態や親しらずの状態、そしてまわりの血管や神経の位置を立体画像で詳細に、正確に把握できます。

抜歯後の注意点

  • 抜歯のときには麻酔をしますので、麻酔が切れるまで唇や頬の内側を噛まないように注意してください
  • 抜歯後に形成される血液のかたまりを強いうがいで無理に落とさないでください
  • 抜歯した部位を舌や指で触らないようにしましょう
  • 処方された痛み止めや抗生物質は指示通り服用しましょう
  • 抜歯当日は長時間の入浴や激しい運動、飲酒は控えてください

そのほか対応可能な口腔外科

口腔内のできもの

口腔内のできもの

口内炎はしばらくすると治ることがほとんどですが、痛みが続く場合やなかなか治らない場合には外科処置が選択肢に入ります。

外傷

外傷

ぶつかったり転んだりした場合、歯が折れてしまったり抜けてしまったりすることがあります。その場合にはできるだけ早く歯科医院にご相談ください。

炎症

炎症

お口の中の粘膜は、入れ歯などの接触、噛み合わせの不具合などにより炎症を起こすことがあります。また細菌や薬剤による刺激によっても炎症を起こすことがあるので、その治療を行います。

  • 親しらずに違和感がありましたら
  • 千葉県柏市の「さかいね歯科クリニック」
    にご相談ください
  • 口腔外科ではお口まわりの外科処置を行います

TEL:04-7197-5888