お口に合った入れ歯を~義歯治療~

オーダーメイドの入れ歯を作製します

オーダーメイドの入れ歯を作製します

失った歯の機能を補う治療で歴史が古いのが入れ歯治療です。ところが、入れ歯には「うまく噛めない」「すぐに外れる」「噛むと痛みがある」などのイメージをお持ちの方が多いようです。

でも本来は、残っている歯や顎の骨の状態を配慮してお口にぴったり合わせたうえ、顎の筋肉の動きを捉えて噛み合わせを整えていれば、不具合を感じることなくしっかり使用できるものです。そしてメンテナンスでお口の変化にも対応することが大切です。南柏・増尾の歯医者「さかいね歯科クリニック」では、確かな知識と技術を駆使してよく噛める入れ歯をご提供しています。

自費診療と保険診療の入れ歯の違いをご存じでしょうか?

自費診療と保険診療の入れ歯の違いをご存じでしょうか?

保険診療の入れ歯は、患者さんが治療費を一部負担するだけで歯の機能を補えます。しかし保険診療の入れ歯には、使用素材や治療方法に制限がありますので、「自然な見た目にしたい」「できるだけ違和感を少なくしたい」「食べ物の温度をもっと感じたい」などのこだわりを実現するのは難しいといえます。自費診療の入れ歯は素材に選択肢があるのが特徴です。そこで、保険診療と自費診療を比較してみましょう。

  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
特徴 レジン(歯科用プラスチック)でつくり、部分入れ歯には金属のバネ(クラスプ)がつきます。 レジンや特殊な樹脂、金属などから素材を選べます。入れ歯の固定装置にもさまざまな選択肢があります。
噛み心地 ある程度の大きさがあるので慣れるまでうまく噛めないことがあります さまざまな工夫により噛み心地をよくすることができます
強度 高くありませんが、修理もしやすいのが特徴です 強度が高い素材を選ぶことができます
耐久性 低めです 高い素材を選べます
見た目 見た目に入れ歯と分かってしまうことがあります より自然につくれます
費用 比較的安価です 比較的高額です

※表は左右にスクロールして確認することができます。

取り扱い入れ歯

レジン床義歯
レジン床義歯 特徴 レジンでつくった保険診療の入れ歯です
メリット
  • 費用負担が一部でいいので比較的安価です
  • 治療期間が比較的短めです
  • 加工や調整がかんたんです
デメリット
  • 装着時に違和感があります
  • 硬いものが噛みにくいことがあります
金属床義歯
金属床義歯 特徴 歯ぐきに当たる部分を金属でつくった自費診療の入れ歯です
メリット
  • 食べ物の温度が伝わりやすく味覚を助けます
  • 汚れがつきにくい素材です
  • 耐久性・強度が高い入れ歯です
デメリット
  • 顎が痩せてしまうと合わなくなることがあります
  • 金属アレルギーの心配があります
シリコンデンチャー
シリコンデンチャー 特徴 歯ぐきに当たる部分をシリコンで覆ってある入れ歯です
メリット
  • 落ちたり外れたりしにくい入れ歯です
  • 歯ぐきと入れ歯の間に物が挟まってしまうのを防ぎます
  • グッとかみしめることができます
デメリット
  • 汚れが付着しやすい素材です
  • 修理が難しくあまり長く使えない場合があります

定期的に入れ歯の状態を診せてください

定期的に入れ歯の状態を診せてください

入れ歯はつくったばかりのときには快適に使用できても、時間が経つにつれてだんだん合わなくなることがあります。それは歯ぐきや顎の骨が痩せてしまったり、入れ歯がすり減ったりするためです。そのため入れ歯を快適に使用するためには定期的なメンテナンスが欠かせないのです。

定期的に入れ歯の状態を診せてください

合わない入れ歯をそのまま使い続けると、噛むときの力が一部分にかかってしまい、歯ぐきを傷めてしまいます。また噛み合わせが悪くなるので、よく噛めなくなったり、外れやすくなったりしやすくなります。顎の関節に負担をかけてしまうことも心配です。入れ歯を長持ちさせるためにも、お口まわりの健康を保つためにも入れ歯の定期的なメンテナンスを受けましょう。

  • 歯を失ってしまったら早めに治療しましょう
  • 千葉県柏市の「さかいね歯科クリニック」
    にご相談ください
  • 保険診療にも自費診療の入れ歯にも対応しています

TEL:04-7197-5888