まわりの歯にやさしい~インプラント治療~

ほかの歯に負担をかけずに噛めるようになります

ほかの歯に負担をかけずに噛めるようになります

歯を失ってしまったときに歯の機能を補う方法には、となりの歯を削って支台にして連結した人工歯を装着する「ブリッジ治療」と取り外し可能な「入れ歯治療」、そして顎の骨に人工歯根を埋め込む「インプラント治療」があります。インプラント治療は生体親和性の高いチタン製で、外科手術で埋め込んだあと、被せ物や特殊な入れ歯を用いて歯の機能を補う治療法です。南柏・増尾の歯医者「さかいね歯科クリニック」では歯科用CTを活用し衛生管理を徹底した診療室にて安心のインプラント治療をご提供しています。

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 失った歯の本数にかかわらず治療可能です
  • インプラントが安定するとグッと噛みしめることができます
  • まわりの歯を削ったり、バネをかけたりしないので負担をかけません
  • 噛む刺激が顎の骨に伝わるので顎の骨が痩せにくくなります
  • 噛み合わせが安定します
  • 自然な見た目の回復が可能です
  • 定期的なケアをすれば長期間使用できます
  • 外科手術が必要です
  • 治療期間が比較的長めです
  • 自費診療なので比較的高額です
  • 毎日のセルフケアと歯科医院での定期的なメンテナンスが必要です

治療前に歯科用CTで精密な検査を行います

治療前に歯科用CTで精密な検査を行います

インプラント治療では顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込む手術をするので、安全に行うためには治療前に綿密な治療計画を立てる必要があります。顎の骨の状態や血管や神経の位置を正確に把握してどの位置にどのようにインプラントを埋入するかを決めることが大切なのです。

治療前に歯科用CTで精密な検査を行います

当院では歯科用CTを活用し、お口まわりの精密な情報を3次元的な立体画像で確認しています。医科用CTは横になったままの撮影ですが、歯科用CTは座ったまま撮影しますので、顎の位置が自然です。また撮影時間も医科用CTにくらべて短く、その分、被曝線量も8分の1~50分の1と少ないので身体にやさしい検査だといえます。

歯科CTについて

歯科CTについて

歯科用CTはインプラント治療だけでなく、さまざまな歯科診療の安全性や正確性を高めるために活用可能です。矯正治療においては顎の骨の厚みや歯の形などが詳しく分かります。また親しらずの抜歯の際にも血管や神経を傷つけないような治療計画が可能になるのです。また顎の骨の形状が詳細に分かるので歯周病治療でも活躍します。

インプラント治療の流れ

インプラント治療で一般的なのは「2回法」と呼ばれる手法です。これは歯肉の切開を2回行うためにそう呼ばれています。手術後に治癒期間が必要なので治療に時間がかかりますが、インプラントがしっかり顎の骨で安定しやすい方法です。こちらでは2回法の治療の流れをご紹介します。

STEP1
歯肉の切開
STEP2
ドリリング
STEP3
インプラント埋入
STEP1 歯肉の切開 STEP2 ドリリング STEP3 インプラント埋入
麻酔後、歯肉を切開して顎の骨を露出させます インプラントを埋め込むための穴を開けます インプラントを埋め込み、歯肉を縫合します
STEP4
治癒期間
STEP5
アバットメント装着
STEP6
人工歯装着
STEP4 治癒期間 STEP5 アバットメント装着 STEP6 人工歯装着
インプラントが顎の骨に結合するのを待ちます インプラントが安定してあら歯肉を切開して結合部分を装着します 歯肉の治癒を確認したら結合部分に被せ物を装着します

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  • 歯を失ってしまったら早めに治療しましょう
  • 千葉県柏市の「さかいね歯科クリニック」
    にご相談ください
  • 安心のインプラント治療をご提供しています

TEL:04-7197-5888